しゃっくりが汚いと言われた!嫌われるひゃっくりの質や音とは?対策を解説

大口をあける女性

 




 

しゃっくりが汚い、ひゃっくりが気持ち悪い、誰かに指摘されたり自覚があったりすることはないだろうか。

自然現象なので自分でもコントロールできないが、しゃっくりが汚いとわかっていながら、このままにしておくのもどうかと思う。。

なぜしゃっくりが汚いと思ってしまうのか、汚いと感じるしゃっくりについて分析してみたいと思います。

 

汚いしゃっくりってどういうの?

しゃっくりが汚いなんて感じたことがない人も少なくないでしょう、しかし中にはしゃっくりを聞いて嫌悪感を抱く人が存在するのです。

 

音が低いしゃっくり

しゃっくりといっても、音の出方にはさまざまなな種類があります。

汚い、不潔、と感じてしまうしゃっくりの共通点は、声の低い100です。

(ヒック)

と短くかん高く鳴るしゃっくりには、特別な汚ならしさは感じられませんが。

(ウヴィック)

このような低音でモッサリと鳴るしゃっくりには、否定的な感情抱いてしまう人も珍しくありません。

 

吐き気が混じったしゃっくり

しゃっくりは横隔膜の痙攣によって引き起こされる生理現象なので、主に食事中に発生することが多くあります。

人によっては痙攣の振動に耐えられず、今にも嘔吐しそうな感じでしゃっくりが出てしまう人もいます。

特に食事中と言うこともあって、吐き気が混じったしゃっくりは非常に汚らしく感じてしまうことがあります。

中にはゲップと勘違いされるケースもあるので、食事中のしゃっくりに関しては厳重な注意が必要です。

 

汚いしゃっくりの対策

しゃっくりが出る理由は、現在の医学を持っても原因不明です。

なのでこの記事ではしゃっくりが出ないようにするのではなく、しゃっくりが出ても汚いと感じさせない対処法について語りたいと思います。

 

胸やけや胃もたれする食事を控える

しゃっくりの時に、一緒にゲップのような形で汚い音がなってしまうのは、乱れた食生活が関係してるでしょう。

カレーライスや揚げ物類、アルコールに炭水化物の過剰摂取など、胃に負担をかける食事を控えることが大切です。

ひゃっくりを止められなくても、しゃっくりの質を変えれば汚いと思われることも減ってくるでしょう。

 

体を鍛えること

自分でも抑えられないくらいの激しいしゃっくりが出てしまう人は、腹筋を始めとした基本的な筋力が足りない傾向にあります。

しゃっくりを抑えるまでには行きませんが、配慮なしにとことん出てしまうのは防ぐことができるかもしれません。

たくさん食べてただ脂肪をつけるだけでなく、しっかり筋トレやウォーキングなどして基礎体力を上げていきましょう。

しゃっくりの振動に負けない位の筋肉量があれば、不意に襲ってくるしゃっくりにも対応できるでしょう。

 

まとめ

しゃっくりは怖くない!

汚いしゃっくりを出さない方法は。

・食生活を正してしゃっくりの質を変える
・体を鍛えてしゃっくりに負けない体幹を作る

この2つの意識が備われば、もう汚いしゃっくりに悩まされることも少なくなるでしょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。