婚約指輪が買えない!用意できるのは1万円ほど…しかも借金してまで

婚約指輪

 




 

一般論では、お給料の1ヶ月分もしくは年齢と同じ数値の額がする婚約指輪を女性に贈ることが普通とされていますが。

世の中には給料の一ヶ月分はおろか、半月分以下も払えない男がいます。

それでも結婚したい・結婚しろと発破をかけられている。

事情はさまざまですが、婚約指輪が1万円というのは社会的にどのような問題が生じるのでしょうか。

婚約指輪に1万円しか出せない男の運命

まずその男性の背景を見てみましょう。

まず婚約指輪に1万円しかだせない男性の状況というのは、

  • 貯金はゼロ(借金がある可能性も)
  • 毎月の給料が生活費でなくなる
  • 自営業で収入不安定

このような姿が見えるでしょう。

こんな絶望的現状でも結婚に踏み込む理由を持っています。

  1. どうしても今すぐ結婚したい女性がいる
  2. 周囲にプレッシャーに限界を感じている

この2パターンです。

いずれにしても婚約指輪には1万円しかだせない現状は変わりません。

 

1万円の婚約指輪を渡したら彼女がかわいそう

彼女自身は、「婚約指輪なんていらない」「1万円のリングで十分」と言っていますが、本当にその通りにしたら何が起こるでしょうか。

まず彼女自身が後悔します。

結婚前はそこまで婚約指輪に興味がなく、指輪なんてつける習慣がなかったとしても、人は変わるものです特に女性は年齢とともに好みを変化しやすい。

結婚後にじわじわと押し寄せる「あのときちゃんとした婚約指輪貰っておけばよかった…」と後悔するでしょう。

自分のなかだけでの後悔ならまだいい方です、友人に1万円のファッションリング並みの婚約指輪を見せたとき、ああだこうだツッコまれるのは奧さん本人。

いまは若いので安い指輪も可愛く身につけることができますし、指輪に対する価値観も定まっていないので、10年後先の展開を想像することが大事ですね。

後になって色々と問題を発生させないためにも、やはり1万円の婚約指輪は避けておいた方が無難かもしれません。

 

あなたが貧乏だと皆にバレる

次はあなた本人に向かってくるトラブルです、1万円の婚約指輪をあげたことは時間ともに相手の家族や友人、ときには職場の人間や幼稚園のママ友の中でも知れわたる可能性があります。

いつまでもネチネチ過去の話題をふってくる悪質な知人も、この先できないとは言い切れません。

なので婚約指輪が買えないから安い指輪で代用しようとすれば、旦那さんはケチもしくは低所得というレッテルと貼られてしまうかもしれないのです。

とくに心配なのが、相手の親に所得はそこそこある様な言い回しで自分の仕事について話していた場合、ウソだったことが婚約指輪によってバレバレになってしまうことです。

収入が安定しているから娘を任せたのに、大して稼いでなかったのか?とガッカリさせてしまうことも懸念点です。

 

中途半端に低価格な婚約指輪を渡すくらいなら

婚約指輪は一生ものなので、プロポーズの瞬間に贈呈した指輪は結婚後も長らく大事にされてきます。

理想は愛がこもっていれば1万円でも良い!

この事実に2人が納得していれば問題ありませんが、人は変わること、そして周囲のヤジなど考えると中途半端に安い指輪は渡さない方が賢明です。

無ければないでまたトラブルが生じますので、高価な婚約指輪はきちんと資金が揃ったときに贈り、プロポーズの時は別の記念品をあげるようにしましょう。

 

婚約指輪の代わりに花束をプレゼント

何もギフトなしにプロポーズをするのも決して悪いわけではありませんが、何かインパクトになるような女性を歓喜させる贈り物があると良いですね。

そこで活躍するのは花束のプレゼントです。

女性は指輪の期待もしますので、花束を渡す時は必ず「婚約指輪はいずれちゃんとしたものを用意するから」と一言添えましょう。

 

それでも1万円の指輪をあげるなら

口頭で伝える結婚の申し込みとセットで、ジュエリーボックスからパカッと開いて指輪を贈呈されるのは、やはりすべての女性の憧れです。

なので形だけでも彼女の夢をかなえてあげたい!

そう感じるなら、仮の婚約指輪としてギフトするのも1つの手段でしょう。

「ちゃんとした婚約指輪が用意できなくてごめん、この指輪はいまの僕の気持ちです、いつか正式に婚約指輪を渡すから今日はこちらを受け取ってください。」

と一言そえれば、1万円の指輪は婚約指輪ではなくプロポーズの記念品として渡すことができます。

 

まとめ

お金が無いと今の日本は本当に生きづらい社会ですね。

婚約指輪に給料一カ月分じゃ安いという人もいれば、婚約指輪なんていらないという人もいます。

価値観は人それぞれですが、やはり最低限の基準は満たせないよりかは満たせた方が楽に生きれます。

婚約指輪の他にもまだまだお金の悩みって多いですが、今回紹介した内容を参考にして、資金がきつい中でも精一杯つかめる幸せを掴んでいってください。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。